日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ハラハラ、ドキドキ
昨日は、会社中が盛り上がりました!
ローカル放送なのですが、福井テレビの「おかえりなさ~い」という番組の
“めちゃイマスタイル”というコーナーで
「おいしいキッチン」を紹介していただきました。(拍手)
http://www.fukui-tv.co.jp/index.html

夕方5時からの情報番組なのですが、もう、トーゼン仕事は手につきません。
早々に休憩室へ行ってTVを見ていると、
「もう、始まった~?」と
ボスを筆頭に、“おいしいキッチン”スタッフが全員集合!
(8時じゃぁ~ありませんよ!笑)
そろそろ…、ハラハラ、ドキドキ…
おぉーっ、まな板の木目がドアップで登場!
きれいなアナウンサーのお姉さん(越村江莉さん)が
まな板のカーブのヒミツを流暢に説明してくださっています。(嬉)
会社の紹介があり、遂にかわいいサトちゃん登場!

“おいしいキッチン”プロジェクトのコンセプトから始まり、
レース小物ステンレス小物板紙のキッチン小物の紹介を、
スタジオとの掛け合いの中、口ごもることなく、上手に会話するサトちゃん!
TVのこちら側では、
「なかなか、いいじゃん!」
「かわいいっ!」
「よく、できました。(笑)」
ボスのお誉めの言葉に、盛り上がること! みんな、笑顔いっぱいでした。

予定にない質問もあったらしく、「頭、真っ白でパニックになりました。
商品きれいに写ってましたか?大丈夫でしたか?」って心配してたけど
全然、問題無し!
商品も、サトちゃんもキレイにカワイク写ってましたよ!(爆笑)

今度は、是非、全国放送でご紹介したいですね!(笑)
ご覧になって下さったかた、ありがとうございます。

TV放送
写真:福井テレビ
越村江莉さんとベジネットとサトちゃん   板紙のワインラック



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン」プロジェクトの四天王

匠の技がつくる「おいしいキッチン」が
匠の姿勢も変えてゆきます


◎福井のものづくりのお話◎

 【江守幹男】
 地域産業創造会議 会長

福井の人口は約82万と、全国でも下から5番目ほどの小さな県です。
しかし、その中に、約30の世界企業
[世界に販路を、そして世界に通用する技術と商品、
また場合によっては合弁会社という名の会社をもっている企業]
が存在しているということ、
また47都道府県中、社長の輩出率がもっとも高い県でもあります。
私はその理由は「オーナビリティ」にあると考えています。
地元福井出身者が、一企業のオーナーとして活躍している。
その理由が、彼らがよりどころとしている「技術力」にあると思うのです。
そのルーツは、明治時代まで遡ることができます。
福井は、年間を通して湿潤な気候から、
日本有数の繊維の産地として発展してきました。
たとえば、羽二重に代表される絹織物、さらには合成繊維、
また繊維と連動して繊維機械の開発や、
繊維に必要な薬剤に関連して化学工業が発展してきました。
ものづくりのまちという高いプライドがあるのです。
しかし、一方で、その職人気質にもマイナスの面があります。
技術に力を入れるあまり企り、企業コラボレーションのような横との連携、
また自ら販路を切り開くこと、つまりマーケティングに弱いという面です。
徐々に変わりつつありますが、
高い技術力をもっていながら非常におしいことです。
「おいしいキッチンプロジェクト」は、
そのようなものづくりの姿勢を変えていく契機になります。
マーケティングも視野にいれた商品計画をつくっていくことは、
これからのものづくり企業に求められます。
デザイナーとコラボレートしながら、
エンドユーザーのニーズに合わせつつ高い技術力をもって商品化していくことは、
これからの時代に不可欠なこと。
いくら自分たちが良いものをつくったと信じていても、
市場で受け入れられなければ意味がありません。
地域がもつ「匠の技」が、企業間連携を通じ、
さらにはデザイナーとのコラボレーションを通して、商品となる。
さらにその商品が、エンドユーザーの心を掴むことで、
匠の技を知っていただける
-「おいしいキッチン」の商品に込められた思いを、
手にとったみなさんに感じてほしいと思います。

部屋
スポンサーサイト
page top
“菌食”の王様
低カロリーの健康食として医学界も注目、“菌食”の王様とは?(エキサイト健康コネタ)

最近、健康の専門家たちの間で、“菌食”が話題の的になっている。“菌食”とは、菌を食べること。健康な毎日を送るためには、病気に負けない体づくりが基本だが、菌類が人間の体の免疫力を高めてくれると、期待されている。そこで、動物、植物に続く第三の生物群として、「菌類」を食べることの重要性が提唱されるようになってきたのだ。

以前、友人の一人が
「きのこを食べるなんて信じられない!だって、カビでしょ?」
と名言(迷言?)を口にしていたのを思い出します。(笑)
結構、苦手な方多いのではないでしょうか?

夢子は、「ノンカロリーの繊維質」という効能を鵜呑みにしてました。(笑)
(ノンカロリーではなく、低カロリーだそうです…。汗、まっ、一緒か。笑)
だからという訳じゃぁないのですが、結構良く食します。好きですね~。
記事を読んでみると、ビタミンB群やビタミンD、ミネラルもたっぷり含んでいる。
おまけに免疫力も高めて動脈硬化も防いでくれるそうです!
エリンギなんか特に大好きで、バター焼きにしたり、お味噌汁にいれたり、
天プラにしたこともあります!(って、夢子ママが作ってくれたのですが…。)
しいたけ、しめじ、ブナピー、えのき、
ぜ~んぶきのこのソテーが食べたくなっちゃいました。(爆笑)

ホクトさんのHP素敵でおもしろい!ホクトくんチェックをしてみました。(爆笑)

[夢子の今日の結果]
金運・健康運はよいが、恋愛運にちょっと陰りが。
相手の気持ちに素直になってもいいかも。

きのこ料理のレシピもた~くさん載ってますよ。

きのこ



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン」プロジェクトの四天王

「おいしいキッチン」の生みの親 ものづくりを支える福井のプロデュース

デザイナーとメーカーだけではこの商品は生まれませんでした。
おいしいキッチンは実は福井市のこだわりの賜です。


◎成長する「おいしいキッチン」◎

 【二口誠一郎】
 地域産業創造会議 推進委員長

福井というところは食べ物もおいしいし、住みやすさ指数全国屈指なのですが、
暮らしのニーズ調査を行うと、
意外にも「キッチンに不満がある」という声が少なくありません。
ならば、キッチンもおいしくしなければ……という想いが
このプロジェクトの誕生につながりました。
プロジェクトのミッションは、
「全国そして世界に自信を持ってお薦めできるモノ」を、
「継続して発信できる仕組みをつくり上げること」。
開発指針が整理され、「おいしいキッチン」舞台の第一幕、
これまで無かった新しいモノづくりがスタートしました。
物語はいよいよワクワクドキドキの第二幕を迎えます。
それはこの「おいしいキッチン」がみなさまと出会えること。
生みの親としてはこのプロジェクトにたくさんの友達、理解者が増えて
立派に成長して欲しいと願います。
そのためには「市場」でみなさまの手にとっていただかなければなりません。
最初はインターネット・ショップでお目見えします。
やがて各種通信販売や実店舗にも顔を出します。
全国、世界の人たちに使われるモノたちになって欲しい。
そしてこの製品を手にした人たちとのコミュニケーションがとれるようになると、
そんなにうれしいことはありません。
みなさんが、みなさんなりの「おいしい」暮らしを見つけ、
逆に「おいしいキッチン」を提案していただいたり……。
そんな声を聞きながら、
第二、第三子の「おいしいキッチン」を生み出していきたいと思っています。

キッチン

この方こそ、夢子の勤務している会社の“ボス”です。(笑)
素敵な方ですよ~!
page top
引越会社のキャラクター
「今日は何の日」によりますと、1980年の今日、日本に寄贈された3頭目の
パンダ・ホアンホアン(歓歓)が上野動物園に到着したのだそうです。

最初に、日本へやって来たパンダは確か、カンカンとランラン。
その愛くるしい姿を一目見ようと、大勢の人が押し寄せた上野動物園を
連日報道されていたニュースで見たような記憶があります。(笑)

そこで、何の脈絡も無くふと思いついたのですが、
たしかパンダが描かれている引越会社のトラックを見たような…。
クロネコも知ってるし、アリさんも聞いたことがあるし……。
もう、これは夢子の不思議心がムクムクと!

あらら、不思議!ダックにイルカ、ラクダ、犬、猫、ペンギン、カルガモ、
ハト、キリンまで…ミツバチもいます。(笑)
どうして、引越屋さんのキャラクターは動物が多いのでしょう?
http://www.ohikkoshi.net/

夢子と同じ疑問を持ってらっしゃる方がいるのですね!
こんなページを見つけましたよ~。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q119673076http://www.kahoku.co.jp/weekly/trend/040212_2.html

パンダ



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン」プロジェクトの四天王

◎おいしいもくろみ◎

 【酒井俊彦】
 「おいしいキッチンプロジェクト」デザインディレクター

十数年前にシングルソファをデザインしたことがあります。
もともと実家が喫茶店をはじめる時につくったものです。
でも実は一般の人に売りたいという思いがあり、
ソファのコンセプトは喫茶店の内装とは、まったく切り離して考えました。
「部屋の中に何か一つお気に入りの物があれば、そこから暮らしが変っていく」。
そんな風に考え、優しく印象に残るデザインにしました。
ソファを買ったことをきっかけに、まず部屋を片付けてみようと思う。
それから、色を合わせてテーブルクロスを買ってみたくなる。
ラグを変えて、カーテンの色を真剣に考える。
誰かの部屋がひとつのデザインから少しずつ素敵な空間に変貌していく。
想像するだけでワクワクするもくろみでした。
デザイナーとしてのこういった思いは、今でも変わることはありません。
ただ、自分も歳を重ね、インテリアだけでなく生活全般が豊かになっていく
ことが自然だという風に感じるようになりました。
食費を削ってインテリアや洋服にお金を使う気持ちも分かるけど、
素敵な部屋でプラスチックトレイのコンビニ弁当は悲しすぎます。
その素敵な部屋は、実力の半分も発揮していません。
たとえば納豆とご飯と味噌汁だけの夕食でも、
丁寧につくって少し真剣に器を選べば、
おいしく、安く、シアワセになることができます。
衣食住3つが全部シアワセになれば、暮らしは生き生きとし始めます。
そしてその3つが密接につながっていることが突然理解できるのです。
ワインとチーズ、キャンドルのある食卓、影が揺らめく白壁、
さっと茹でたパスタとリラックスできるリネンのシャツ。
おいしいキッチンは衣食住をシアワセにつなぐ、
ソファのデザイン以来12年ぶりの私のもくろみです。

酒井俊彦(さかい・としひこ)
サカイデザインアソシエイツ代表、プロダクトデザイナー
工業製品から家具、インテリアデザインまで、幅広い商品をデザインするとともに、
さまざまなデザインプロジェクトのディレクション、コンサルティングを手掛ける。
「おいしいキッチンプロジェクト」では、コンセプトの立案、
デザイナーやアイテムの決定から製品の最終承認まで
全体のデザインアイデンティティのコントロールを行う。

http://www.sakaidesign.com

午後茶
page top
金津創作の森からの便り
logo.jpg

お久しぶりに、トップから真面目においしいキッチンネタです。(爆笑)

福井県から美術工芸を発信し続ける「金津創作の森」アートコアギャラリーで
1月19日(土)~2月11日(月)の期間中、おいしいキッチンのアイテムを
展示販売しているのをご存知ですか?
地元、福井にいながらヤボ用で行けない夢子に、
かわいい、かわいい、フレッシュNo.1のスタッフのサトちゃんから、
今朝、写真と記事がメールで送られて来ました。(感謝)
貴重な休日を割いて行ってくれたのね。ありがとう、サトちゃん!
皆さんも、ご覧になってくださいな!(笑)

[以下、サトちゃん記事](そのまんま…やっぱり他力本願な夢子!爆笑)

お疲れ様です。
すいません、たいしたのが撮れませんでした。

創作の森は少し山の中にあるので、
道に迷ってしまいました(笑)
トリムパーク金津の近くにあるとわかって
今度からは迷わずいけそうです。
もし行く時はまだ雪が残っていて寒いので
防寒はしていって下さいね。

展示室では酒の器展が開催されていて
そこに入る時間はなかったんですが、展示室の入り口と出口に面している
スペースにおいしいキッチンは展示してありました。
ギャラリーでは写真の通り、うまく商品を見せてくれていて
小道具はほとんどアートコアのスタッフさんが用意してくれました。
外から撮ったキッチンの流しもスタッフさんが用意してくれたものです。
ここには写っていませんが、ベジネットも天井から吊るされていたり、
壁の棚に飾ってあったり、工夫されていました。
また、おいしいキッチンの商品だけでなく、山口工芸さんや作家さんの
商品なども置いてありました。

すいません、あまり感想がなくて…

創作の森1

創作の森2

創作の森3

創作の森4

創作の森5

創作の森6

如何です? サトちゃん、可愛いでしょ?いや、もとい。(身内自慢でしょ。笑)
素敵な展示販売会でしょ?(これもりっぱな身内自慢!爆笑)

*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン」プロジェクトの四天王

えらく仰々しいタイトルですが(笑)
「おいしいキッチン」の数々の商品は、この方々の情熱が無ければ、
決して誕生することは無かったでしょう。
是非、ご紹介させて下さいな。(笑)「おいしいキッチンはじめました」より抜粋)

◎「おいしいキッチンプロジェクト」はじまりのはじまり◎

 【紫牟田伸子】
 「おいしいキッチンプロジェクト」プロデューサー/コミュニケーションディレクター

「おいしいキッチンプロジェクト」は、
それぞれの企業が特長を活かしてつくったものを、「おいしいキッチンブランド」
として全国のみなさんに発信しようというプロジェクトです。
ひとつの企業ではなかなかできないことでも、
いくつかの企業がまとまればできることがあります。
それぞれの企業がつくるいろいろな商品をひとつのブランドで出すということも
そのひとつです。
そのために、商品開発とデザインをお手伝いして、
みなさんが使うものを提供する仕組みをつくりました。
参加企業の中には、
いままで一般の方々が使ってくださるものをつくっていなかった企業もあります。
自社ブランド商品がなかった企業もあります。
いろいろな立場の企業の方々が、デザイナーの方々とともに、
みなさんの手元に直接届く商品をつくろうとしたのがこのプロジェクトです。
デザインとは、
企業が一般ユーザーのみなさんと共有したい世界をつくりあげることです。
このプロジェクトは、
どんな企業でも届けたい世界をつくり出せるプラットフォームなのです。

紫牟田伸子(しむた・のぶこ)
日本デザインセンタープロデュース室チーフ プロデューサー
美術出版社『デザインの現場』、『BT/美術手帖』編集部を経て、現在に至る。
商品企画、プロモーション企画、デザインおよびアートの動向の分析などを行なう。
またデザインジャーナリストとして取材・執筆も手がける。
「おいしいキッチンプロジェクト」では、
プロジェクト企画・全体統括、コミュニケーションディレクションを担当。


集合photo1
page top
素敵なニュース
<手紙>風船で飛ばして15年…カレイが届ける?(エキサイトニュース)

「おてがみをひろったかたは、おへんじをください」。千葉県銚子市の銚子漁港で水揚げされたカレイの背中に、川崎市の市立宮崎小(菊池俊光校長)が93年に創立120周年を祝って上げた風船と手紙がついていた。15年を経て約100キロ東の太平洋の海底から回収された手紙。書いた本人の川崎市宮前区、早稲田大2年、白髭(しらひげ)奈津実さん(21)は「こんなすてきな話があるなんて」と喜んだ。

思わず記事を読んでほころんじゃいました。
風船につけて飛ばすお手紙や、ビンの中に詰めて海へながすお手紙。
物語の中では必ず「誰か」の手元に届くものですが、
夢物語じゃぁ、なかったのですね!
発見された船主の君野喜好さんも、宮崎小に問い合わせた銚子市漁協さんも、
なんて、素敵な方たちなのでしょう!

風船が青空に小さくなっていく光景を今でも覚えている。ごみと間違えられず、ちゃんと読んでいただいて、すごい縁を感じる。

とおっしゃってるご本人の白髭(しらひげ)奈津実さんも、
縁の深さを大切にされる素敵な大学生ですね。
素敵なニュースっていいですね。
外は真っ白い雪がシンシンと降っていますが心はすっごく暖かい日です。(笑)

    手紙
  写真:共同通信さん記事より
  (魚の背中に15年前の手紙 川崎の小1からはるばる犬吠埼へ[ 01月25日 11時25分])



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】  《エピローグ》

ダイニングテーブルって
すぐモノで
いっぱいになるよね。

キッチン、ダイニングはちょっと油断するとすぐにモノがあふれる、
住まいの中で最も「片付け」が求められる場所。
シンプルで美しいデザイン環境で暮らそうとするとき、
しばしばモノを捨てることを余儀なくされます。
でも今回はモノ持ちや、もう少しルーズな生活も許しながら美しく保つ、
懐の広い家具をつくってみました。

テーブル椅子


今回を持ちまして、「おいしいキッチン物語」は千秋楽を迎えました。
最後までお付合い頂き、本当にありがとうございました。
「おいしいキッチン」から産まれた数々のスグレモノの
おいしいヒミツいかがでしたか?
これらの記事はラトルズ発行の
「おいしいキッチンはじめました」(2005年10月17日初版)
より、小分けしてお届けしてまいりました。
この本には「おいしいキッチン」誕生の立役者でもある四名の素敵な方たち
のコメントも掲載されております。
来週からはお一人ずつご紹介したいと思います。

お誕生から早3年目に突入し、数々の新商品も発表され、
更なる変化を遂げようとしております「おいしいキッチン」。
まだまだ、お伝えしたい情報があるのですが、
来月からは、新たに夢子の拙い文章力で(上手にお伝えできるかどうか…)
ボチボチと夢子なりにお届けできましたらと思っております。
よろしくお付合い下さいませ!(笑)
page top
ハーゲンダッツ
ハーゲンダッツに新商品が続々登場するワケは? エキサイトニュース

日本のお客様はミニカップサイズを好まれ、シーズンに合わせていろいろな味を楽しみたいというご要望もいただきます。そういったご要望にお答えするため、1999年から日本市場向けに季節限定ミニカップの展開を始め、季節にあったフレーバーのご提案をさせていただいております

素敵でおいしい企業努力ですね。(笑)
寒い冬に「おコタでアイス」は、なんとも言えない贅沢です!
そのアイスの中でも、ハーゲンダッツは夢子には贅沢なアイス。
贅沢は慎まなきゃと思うのですが、新作が出ると買っちゃうんですよね~。(笑)
早速HPへ遊びに行ってみました。おいしい誘惑がいーっぱい。
なんと、昨年12月3日発売の「モンブラン」が……。
これ、まだ食してません。早速本日の食後のデザートにせねば!(爆笑)

よく喫茶店で食す「パフェ」。
これって、完璧なデザートという意味だそうです。
フランスのシェフがグラスにアイスとフルーツを盛りつけ生クリームを飾った
とても華やかなデザートを作り、名前を考えていたところ、妙案が浮ばず
あまりの素晴らしい出来映えに思わず「Parfait!(完璧)」と叫んでしまい、
その響きがとてもイメージにピッタリだったのだそうですよ!
HPのアイスクリーム・トリビアネタです。(笑)

このお話の出典元でもある日本アイスクリーム協会さん
おもしろい情報満載です!
2008年おすすめアイスに、あーっハーゲンダッツの「ティラミス」も…。(笑)
みなさんも、今晩は「おコタでアイス」いかがでしょう?(爆笑)

ハーゲンダッツ



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.12
《テーブルのおいしいつくり方》

◎4日目  組み立て

11.ダボ打ち
  ダボ用に穿たれた丸い穴に、ダボを打ちこみます。ひとつひとつ手作業です。

12.組み立て
  ダボやホゾをかませて組み立てます。

13.ボディプレス
  接着のため、組み上がった家具を数十分ほどプレスします。

  お母さん

※木屑のリサイクルについて
 多くの部材のリサイクルを目指す福地では、製材過程で発生した木屑もリサイクル。
 工作機械から直接吸い上げられ、
 工場の裏に設置された特注のブリケットマシン(高圧圧縮機)で圧縮され、
 ペレットと呼ばれる円盤状のかたまりに加工され、
 パーティクルボードなどにリサイクルされます。
 木屑

<夢子の勝手に不思議>
☆ダボってなあに?
 ダボ(ドイツ語が語源)は、木材同士をつなぎ合わせる際に使用する木製の棒。
 ダボの側面には溝が掘られており、
 これは接着面積を増加させ接着力を増す効果と、
 接着前の仮組みの際には摩擦を減らして抜き取りを容易にする効果がある。
 (ウィキペディアより)
☆パーティクルボードってなあに?
 木材を小さな木片に砕き、乾燥、接着材を加え高温高圧成形、研磨したもの。
 内装下地、構造材、家具材として利用。
 断熱、遮音性に優れるが、水分には弱く、
 小口部分から湿気を吸って膨張するおそれがあるので、処理が必要。
 参考HP「いんてりあ図鑑
page top
ワンツースリー
今日は1月23日。そうです、123と数字が並びます。
きっと、素敵な記念日に違いないと、胸膨らませネットお散歩開始。
(以下、今日は何の日より)
「八甲田山の日」

1902(明治35)年、八甲田山へ雪中行軍に出かけた兵士210名が遭難した。
冬の八甲田山は本来は冬の重装備が必要だったが、指導部の無謀さから兵士は軽装のまま行軍を開始したため、猛吹雪の中で道を失い寒さと飢えと疲労の為に遭難して行った。25日になって199名の死亡が確認された。

「真白き富士の嶺の日」

1910(明治43)年、神奈川県の逗子開成中学の生徒12人が学校のボートで乗り出し、七里ヶ浜で遭難して全員が死亡した。
この遭難は社会的事件として新聞で大々的に扱われた。この悲報に接した鎌倉女学校の教諭・三角錫子が「七里ヶ浜の哀歌」を作詞し、この歌は全国で愛唱された。

明治時代には2つの忘れられない大きな悲しい想い出があった日なのですね。

でも、素敵な記念日でもありました。

「電子メールの日」

電子メッセージング協議会(Eジャパン協議会:2005年8月31日をもって終結。現在は財団法人マルチメディア振興センター技術調査部が引継)
1994(平成6)年に制定。「1(いい)23(ふみ)」(いい文E文)の語呂合せ。

「ワンツースリーの日」

「123」で「ワンツースリー」とよむ語呂合せ。
人生に対してジャンプする気持ちを持とうという明るい希望の日。

このワンツースリーの日は前向きで、素敵な記念日だと思いませんか?(笑)
ホップ、ステップ、ジャンプ!ですね。(爆笑)

当然の事なのですが、毎日の記念日を見ていると、
長い歴史の中で、悲しい痛ましい出来事が起こった日と
明るく輝く、希望満ちあふれた記念日が同じ日のことがあります。
単なる数字の一致としてではなく、両方に思いを馳せ、
今日という日を大切に思える感謝の心を、大事にしたいと思う、
殊勝なこころがけの今日の夢子です。(感謝)

山



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.11
《テーブルのおいしいつくり方》

6.面貼り
  材の切り口に木口材を貼り付けます。

7.面取り
  面取り盤で材の角を面取りします。

8.ホゾを取る
  ホゾ取り加工機で、ホゾをかきとります。

9.やすりをかける
  サンダーで表面のやすりがけをします。

10.塗装
  二液型のウレタン塗料をスプレーガンを使って吹き付けます。

  面・ホゾ
   面貼り                 ホゾを取る

<夢子の勝手に不思議>
今回、「ホゾ」という言葉に興味を覚え、「ホゾを噛む」のホゾと一緒?
などと疑問に思い、勝手に新コーナー作っちゃいました!(笑)
結論のでない事が多いでしょうが、出来る範囲で調べた事をご報告します。
お付合い下さる奇特な方、どうぞよろしくお願いします!(爆笑)
☆ホゾってなあに?
  角材や板を接合させるとき、部材の端を凸状に加工した突起を
  “ほぞ”と言い、それを差し込むための凹状のくぼみを「ほぞ穴」と言う。
☆「ホゾを噛む」の「ホゾ」ってなあに?
 ホゾは、臍のこと。
 「ホゾをかむ」は、中国の『春秋左伝』にある
 「噬臍(ぜいせい)」という漢語を読み下して出来た慣用句。
 このページを参考にしました。
 http://www015.upp.so-net.ne.jp/naka0930/kotoba5.html
page top
文化・習慣の違い
「海外に長く住みすぎた!?」と思う瞬間(エキサイトニュース)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091200901490.html

習慣や文化が違う国に行けば戸惑うことも多いが、「そういうもんなんだ~」と受け入れることで、生活をより楽に興味深いものにしてくれることが多くある。
しかし、それにも慣れて普通に生活しているとフトした時に「長く住みすぎたな」と思う瞬間がある。

夢子は、自慢じゃぁ~ありませんが、一度も海外へ行ったことがありません。
パスポートすら持ってない。(爆笑)文字通り、夢見る憧れの海外旅行です。
現代のこの世において、夢子のような経験無き人は稀少価値でしょう。(笑)

でも、テレビでは多くの国へ出掛けてますよ~。(笑)
各国の文化・習慣の違いには非常に驚かされます。
ましてや、外国へ長期滞在している方などは多くの御苦労があるのでしょうね。

記事になっている、ダントツ1位の「トイレ音」なるものも、ビックリです。
日本人は奥ゆかしいのか、ムダが多いのか…ちょっと笑っちゃいますね。
じゃあ、外国には「音姫」なるスグレモノは存在しないのかしら?
男子トイレにはどうなんでしょう?(爆笑)
挨拶も「ハ~イ!」って良く映画で見ます!(笑)
フレンドリーで、“みんな仲間”的な感じが“自由の国アメリカ”ですね!
(外国=アメリカって、私はいつの時代の人でしょう…笑)

小さい夢子が、テレビで外国ドラマを見て、夢子ママにした最初の質問は、
「どうして、外人さんはお靴ぬがないの?」でした。(爆笑)

外国


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.10
《テーブルのおいしいつくり方》

4.NC(※)で切り抜く
  テーブル天板の曲線部分など複雑な形状は、
  コンピュータ制御で切り抜きます。
  ※1)NCは、コンピュータのデータを元に自在な形に切り抜く機械です。
   工作機の汎用言語であるNC制御で、自由に正確にXYZ軸を動かし、
   切断、切削、穴あけ、など多彩な加工が可能です。
   木材をセットするだけでプログラム通りの形状に仕上がります。
   従来は高い技術を必要とした複雑な形状を実現できるほか、
   イラストをそのまま形にするような自在性もあり、新しい表現が可能です。


  NC切抜


5.ボーリング
  ケース用ボーリングマシンで、ダボを打ち込むための丸い穴をあけます。

  ボーリング

page top
料理番組の日
今日、1月21日は「料理番組の日」だそうです。

1937(昭和12)年、イギリスのBBCテレビで、料理番組の元祖と言われる番組『夕べの料理』の放送が開始された。
第1回目は「オムレツの作り方」で、この日の担当のマルセル・ブールスタンは、世界で初めてテレビに出演した料理人となった。(今日は何の日より)

お料理番組というと、真っ先に思いだすのが、かの有名な「料理の鉄人」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/料理の鉄人
独特の雰囲気をお持ちの鹿賀丈史さんの勇姿を思い出します。
(そこじゃないでしょっ! 爆笑)
今でこそお料理番組は多くありますが、当時は画期的な出来事だったでしょうね。

プロの料理人はもちろんのこと、芸能人や、素人さんのコンテストなど
お料理番組はいろんなテクニックや秘伝の味付け、素材選びの基本を学べる
夢子にはとても楽しく、興味津々なお勉強の場です!
(って、料理ベタはなかなか解消できないのですが……涙)
特に“カンタン”という言葉に弱いですねぇ~(爆笑)

料理と思い出がセットになった感動秘話の番組もいくつかありますね。
お料理ってやっぱり素敵です!いろんなモノが詰まっているからだと思います。
下手でもいい、愛情を込めた
思いやりのお料理が作れる女性でありたいと願う夢子です。
(本心は「うまっ!」って言わせたい!笑)

マルセル・ブールスタンという方はどんな方なのか、検索してみました。(笑)
夢子と同じように興味を持たれた方がいらっしゃったようで、
かな~り詳しい回答が寄せられているサイトを発見!
よろしかったらご覧になってくださいな。(笑)
http://q.hatena.ne.jp/1200367638

ちなみに“カンタン”好きの夢子の好きな「ミツカン」のレシピサイト
はご存知?(笑)
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/search/index.asp

オムレツ


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.9
《テーブルのおいしいつくり方》


◎1日目~3日目  カット~塗装

1.ベニヤ裁断・芯材木取り
  パネルソーを使用しておおまかな裁断を行います。
  縦長の材を切る場合は、長手方向のカットはリップソーを使用。

2.接着
  表面材と心材に、のりづけ機で糊をつけ、プレス機にかけて圧着します。

3.パネル切り
  材を正確な大きさにカットします。

  断裁・接着
page top
人の顔と名前
人の顔と名前、どう覚えてますか?(エキサイトニュースより)

子どもはカンタンにモノを覚えるように感じますが、実は根気よく同じことを続けているだけのこと。大人になると、そうした根気がなくなっていることもあるんです。でも、かわりに、大人は『丸暗記』よりも、いろいろな物事を関連付けて理論的に記憶する『連合記憶』が得意になります。つまり、子どもの頃とは得意な『記憶の種類』が、変わってくるということです

夢子は、抜群に記憶力が悪い!(何の自慢なんだか 爆笑)
ましてや、一年に数回しかお合いしない会社関係の方の名前と顔は……
非常に失礼なのですが、どうしようもありません。(開き直り? 笑)
内勤ゆえに、営業さんほど得意技にしなくても良いとはいえ、
きちっとご挨拶くらいは…などど思い、
いただいた名刺の裏に特徴(妄想夢子得意のあだ名作戦!)を書くように
心掛けております。(笑)
結構、お電話でにのコンタクトの際、親近感を持ってお話出来ます。
(一方的にですが……汗)
子供の頃から物覚えが悪いので、
『丸暗記』も『連合記憶』もきっと夢子の辞書にはないのでしょう。(爆笑)
そんな訳で、数有る尊敬する人の中でも
「記憶力の良い方」はトップを争う勢いです!(笑)

毎朝、見ず知らずの夢子に「おはようございます」ってお声をかけてくださる
会社ご近所の綺麗な若奥様が、用事で会社にいらっしゃった時の事。
笑顔で「こんにちわ」ってご挨拶下さったのに、
「こんにちわ…?」って、思い出せず、
「取引先の方?」…なんて、妙な顔になっちゃいました。ホント、ごめんなさい。
こんな失礼が二度とないよう、『連合記憶』を磨かねば!

雪枝


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.8
《テーブルのおいしいつくり方》

料理人:福地

【材料】
a桐の芯材
 中国・山東省の工場で生産。
 桐はゴマノハグサ科キリ属の落葉広葉樹。
 非常に軽く、切削等の加工がしやすい材ですが、強度は低め。
 高湿時には膨張して気密性が高まり湿気の侵入を防ぎ、
 そして乾燥時には木が収縮して通気性が高まるという特徴から、
 古くからタンスや高級美術品の保存箱などに使用されてきました。

bタモ柾目突き板貼り合板
 ベニヤに0.2mm厚のタモ材を貼り付けたもの。
 テーブルの表面材に使用します。
 タモはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹。
 年輪が明瞭で、木目が揃っていて木によってばらつきが少ないため、
 家具材として一般的なものです。
 弾力性に富むのでバットやラケット、
 スキー板などの運動具材としても利用されています。

c木口材 0.5ミリ
 タモ材。
 テーブル天板周囲など、
 カーブした面に貼り付けられるように薄くスライスされています。

dジェルトン
 インドネシア産の木材。
 ビス留めの必要な箇所に芯材として使用します。

木材


《「おいしいキッチン」お友達の輪》
昨年の暮、あまりの神々しいお姿に思わずコメントを差し上げ、
まさに、その『仏手柑(ブッシュカン)』
http://couleur2.exblog.jp/7841008/
でご縁のできましたかなっぺさんが、ブログ「そよ風になって~」で
嫁いで行きました子供達(笑)を写真付きで記事にして下さいました。
(2008.1.18 リキッドソープ希釈中) ありがとうございます。
http://couleur2.exblog.jp/7953138/
かなっぺさん、素敵な写真&御紹介、嬉しくって舞い上がってます。(爆笑)

「おいしいキッチン」のグッズ達は、いろいろなお家に嫁いで行きますが、
無事お務めを果たしているのか、どうか、ちょっぴり気がかりなものです。(笑)
皆様の嬉しいご報告&キッチンに置いていただいている写真を見る度、
幸せで、胸がいっぱいになります。
また、実際に使用中の雰囲気はなかなかお伝えするのが難しく
いろいろな方が記事にして、写真にして下さいますと、
雰囲気を感じていただけるのではと、あくまで他力本願の夢子です。(笑)

かなっぺさんとは、まさに『仏』さまでご縁が出来ました。
彼女のブログは非常に写真が綺麗で、インパクトがあります。
(夢子は、この写真もすっごい好きです。笑)
http://couleur2.exblog.jp/d2008-01-06
記事もまた、世間知らずの夢子にはお勉強になる事がいーっぱい。(笑)
とーっても素敵ですので、皆様も是非ご覧になってくださいませ。(笑)
page top
阪神・淡路大震災記念日

1995(平成7)年1月17日午前5時46分、淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。マグニチュード7.3で震源の深さは約14キロ。神戸市・芦屋市・西宮市と淡路島の北淡町で初めて震度7の激震を記録した。
大都市神戸を中心に阪神間の人口密集地を直撃し、鉄道・高速道路・港湾等の交通機関や電気・水道・ガスのライフラインが壊滅状態となり、自宅を失なって避難した人は最大で23万人に達した。死者は、震災が原因で亡くなった人を含めると6000人を超えた。負傷者は約42000人、倒壊家屋は約40万棟。被害総額は10兆円にも登る。(今日は何の日より)

昨日17日は、あの忘れることのできない震災が起きた日でした。
遠く離れた福井にいる夢子は、「揺れたね~」程度でしたが、
被災された方の事を思うと、胸が痛みます。

鈍感な夢子は、昨日の朝早く目覚めてなぜか布団に正座している旅人に
(旅人は羽を休めに只今福井におります。笑)
「朝5時過ぎに目を覚ますなんて、もう一度寝たら~」
なんて暢気に声を掛けていたのですが、
夕方のニュースを見ているとき、
「あん時はひどかった……。」と旅人がボソッ。
そうなんです、当時大阪にいた旅人も被災者の一人だったのです。
忘れる事のできない心の痛手を背負っているのです。
無口で優しい旅人は多くを語りませんが、
色々な事に対して複雑な思いがあるようです。
きっと、朝早くに目覚めてしまい、眠るどころではなかったのでしょう。

あーあ、全く鈍感な夢子。昨日は気がつかなくてゴメンね。
でも、今日は綺麗な青空。まぶしいくらい暖かい日差し。
冬なのにね。(笑)
辛い思い出は忘れるのは難しいけど、
必ず明るい明日が希望を運んでくれると夢子は信じています。

多くの被災者の方、今日が昨日より素敵な日でありますように。(祈)

希望の光

*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.7
《メイキングオブ キッチン・ダイニング家具》

「仕上げのツメを念入りに」 

 福地:
  棚の仕上げでは、板を直角に合わせるときに角の微妙な処理を修正しました。
  最初は片方を2mm下げた状態でつきあわせていましたが、
  段差が見苦しいということで、
  アールをつけてV字の谷をつくってつきあわせる方法になりました。
  扉には五十嵐さんからご紹介いただいたドイツ製の蝶番を使用しましたが、
  調整がしやすくて表から見えなくて、いいものですね。

 イガラシ:
  最初の試作品が上がってからは、
  テーブルの高さと脚の間隔を体になじむ寸法に変更したり、
  棚の接合方法を変更したり、
  実物を体感してわかってきた部分の修正を加えていきました。
  あとは細かい部分ですが、棚には電化製品を入れられる配線を用意して、
  配線キャップは福地さんに製作していただきました。

  仕上げのツメ
  製品化へ向けて、ひとつひとつ確認を重ねていく  ドイツ製の蝶番

《「おいしいキッチン」情報》
本家ブログの記事は既にご覧になりましたか?
http://okitchen.blog48.fc2.com/
いよいよ明日土曜19日スタートの展示販売会詳細情報です。(笑)
福井県のあわら市にある「金津創作の森」にて行われます。
ミュージアムの一角を使った「アートコアギャラリー」の、芸術的雰囲気の中で
一味違った「おいしいキッチン」の世界を、ご覧になってくださいね。
http://www.sosaku.jp/info_art.html

残念情報も一つ。
木漏れ日のようにレースの影を落とし、
多くの方のお部屋を幻想的な影絵の世界で彩ってきたデリシャスランプ。
残念ながら、販売終了となってしまいました。(涙)
一つ一つの手作りで、作り続けるのは非常に困難なようで、
素敵だっただけに残念です。次の新作に期待しちゃいましょう。
お部屋に置いていただけた、皆様に感謝します。
末永く、かわいがって下さいな。(笑)

ランプ
page top
チョコビール
伝説の「チョコビール」復活!(エキサイトニュースより)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091200478237.html

昨年・一昨年もバレンタインギフト向けの限定商品として発売されたこのビール、とにかくエピソードがスゴイ。昨年は発売から1日半で2万本が完売。発売初日には、ネット販売サイトへのアクセス殺到により、サーバーがパンク。そして1日240本限定で販売した横浜の高島屋でも開店前から列ができ、連日開店後20分で全てが完売。さらにネットオークションでは、希望小売価格の7倍の値段で取引が行われる事態が発生――など、数多くの逸話をもつ、まさに「伝説のビール」なのだ。

知ってました? 夢子は全然知りませんでした。(汗)
ともかく、すっごいみたいですね。
決して甘いわけではなく、ほろ苦いのだそうです。
明日18日より高島屋で限定発売とは…。夢子の口には入りそうにありません。
ネットでも先行予約受付中らしいのですが…。
ああー、飲めないとわかると、余計飲みたいっ!
のんべえ夢子です。(爆笑)
http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_cc17_1.html

   チョコビール


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.6
《メイキングオブ キッチン・ダイニング家具》

「棚のノウハウで、椅子をつくる」 サンプル完成

 福地:
  うちは椅子のノウハウをもっていないので苦労しました。
  金属の脚を外注しようとしたこともあったり、デザインは二転三転しました。
  白い貼り地は、
  制作面で提携している会社にお願いしてつくっていただきました。

 イガラシ:
  脚を外注に出すという話も出ましたが、
  福地さんの工場ですべてつくるということを大事にしたかったので、
  面で構成した椅子を提案しました。
  当初は面材を縦に平行に並べて座面を挟みこんで支える形にしたのですが、
  脚に荷重がかなりかかるので桐の芯材ではもたなくて別の材が必要な上、
  椅子自体が重くなってしまいました。
  そこで面をクロスさせて、上に座面を乗せる形に変更しました。

  初期椅子作品
   初期案の試作品

  改良椅子案
   より軽やかなデザインとなった改良案の試作品


《「おいしいキッチン」お友達の輪》
valstyleさんが、ブログ「voice」で
「バタフライクリップ」を写真付きで記事にして下さいました。
(2008.1.14 発掘01:蝶) ありがとうございます。
 http://blog.goo.ne.jp/valstyle/e/f0af4db188a01fe44d70a68a16d56a81

蝶のフォルムが好きなので、見つけるとつい買ってしまうのですが、
おまけにこれはステンレス製、つまり私の大好きな金属系なわけで。
発掘はしたものの…やっぱりもったいなくて使えない。
かといって、もちろん捨てられない…。

すっごくよくわかっちゃいます。(笑)夢子もまったく同感です。
もったいなくて使えない、大好きな柄の便箋と封筒が
レターボックスを占領しております!(爆笑)
時々、取り出して見ては幸せを感じています!
valstyleさんも春になったら、思い出してくださいね。(笑)
同じような蝶のフォルムでフライ返しなんかもありますので、
お時間のある時にでもオフィシャルサイトの方に遊びに来てください。
なかなか可愛いですよ。
お写真のように紙袋に止めておくと、中身がすご~く気になって
ワクワクしちゃいます。一足先に春うららの気分です。(笑)
幸せをどうもありがとうございました。
http://www.o-kitchen.com/store_01/yf0010.html
page top
「冷え知らず」さん
永谷園“「冷え知らず」さんの生姜シリーズ”おもしろサイト
(エキサイトニュースより)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091200399948.html

「冷え知らず」さんの生姜シリーズのプロモーションの一環として、
1月15日に公開されたスペシャルウェブサイトがこれまたなかなか楽しいものとなっている。
「ミス“冷え知らず”コレクション’08 Spring & Summer」と題して、“「冷え知らず」さんの生姜シリーズ”を飲んだ後、凍てつくステージ上で春夏の薄着ファッションショーに挑むというストーリー。

この商品は“お茶漬け”で有名な永谷園さんの商品だったのですね。
実は一月程前、コンビニで見つけて
“冷えしらずさんの生姜担々スープ”というネーミングと
初めて見る“クイチャップ入り”という言葉に惹かれ
(その日はとても寒く、暖まりたかった~!)
出勤途中に購入し、昼食で食したところ、これが結構おいしく、体もポカポカ。
クイチャップってつるんとしたのどごしの平らなヌードルって感じ。
お気に入りになり、つい先日も食したところ。(笑)
こんなスペシャルウェブサイトがたち上がっていたのですね。
綺麗なお姉さんがいーっぱい。
サーモグラフィーに切り替えられるところがニクイですね~。(笑)
冷え性の夢子にはおいしくオモシロイニュースでした!

http://www.nagatanien.co.jp/topics/hieshirazu/index.html
冷え性



*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.5
《メイキングオブ キッチン・ダイニング家具》

「棚に多彩なバリエーションをつくる」

 イガラシ:
  棚は用途や家族構成にあわせて組み合わせのしやすい、
  システム家具のようなものを提案しました。
  棚の高さや奥行きは統一して、
  全体の幅と高さにそれぞれ3つのバリエーションをつくりました。
  扉にも透明なガラス扉と不透明な白い扉と2種類用意しています。

 D酒井:
  五十嵐さんの提案を応用すると、
  組み合わせを変えることでショップごとにオリジナル商品を提案できるな、
  と思いました。こういうのは、「エクスクルーシブ」と言うのだけど、
  同じシリーズで組み合わせを変えて「この店にしかない」ものをつくる、
  という手が使えるんですね。

 福地:
  うちは多品種生産が得意なので歓迎です。

  棚バリエーション
   図面を前に試作品をチェック  バリエーションの一例


《「おいしいキッチン」お友達の輪》
 aoao1026さんが、ブログ「衣・食・住」で
「ベジネット」を写真付きの記事にして下さいました。
(2008.1.10 おいしいキッチン) ありがとうございます。
 http://aoao1026.exblog.jp/7923903

先日みんなでご飯を食べている時に、「ベジネット」の話になり、
私は全く知らなくて、「何??何??それ??すごく気になるんだけどー!」
おいしいキッチンシリーズ、我が家に増えそうな予感です

えっ、お食事中の話題になっているのですか? すっごく嬉しいです!
妄想好きの夢子はドラマのワンシーンを想像しちゃいます!(爆笑)
aoao1026さんのキッチンの「ベジネット」の写真もありがとうございます。
玉葱が嬉しそうなのは、夢子の気のせいでしょうか?(笑)
夢子御得意の妄想が膨らんで、
aoao1026さんのキッチンが「おいしいキッチン」グッズでいっぱい!
何て素敵なんでしょう。アンテナショップにしちゃいましょうか。(笑)
勝手な妄想、どうぞ笑って許して下さいな。(笑)
ベジネットは昨年の総合ランキングでもダントツ人気物!
かわいい収納ネットってやっぱりスグレモノですね。
aoao1026さんのシリーズ増えそうな予感に
夢子もちゃっかり胸を膨らませております。(大爆笑)
続々新作も登場しますので、ご覧になってくださいね。
見た目とか、雰囲気等の感想もまた、お願いします。(笑)
ありがとうございました!
page top
狛犬ねずみver.?
この連休中ペガサスより連絡が入り
「今、○○神社」とのこと。(興奮中でよく聞き取れず。)
「どこ?」(わけのわかんない夢子)
「京都! メールするっ。」(せっかちな自由人!即終了。)
「???」(ますます、訳わかんない夢子。)
私、携帯持ってないのに…。
今朝PCを立ち上げると、かわいいビックリ写真が…!

大豊神社

京都左京区にある『大豊(おおとよ)神社』の『狛鼠』だそうです。
(日本中でここだけだそうですよ!)

本殿右にある小さな「大国社」。
縁結びの神・大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀る。
そこには、本来なら「コマイヌ(狛犬)」が鎮座している場所に、
なんとも愛らしい 「コマネズミ(狛鼠)」が。

これは、「古事記」で出てくる、ある神話から来ている。
(この社の祀神)大国主命が野火(山火事)で危機にさらされている時、
ネズミが現れて彼を救った・・・というのである。


コーフンしてた訳だ!ようやく納得の夢子でした。(笑)
素敵な情報ありがとう、ペガサス。夢子も今年中にお参りせねば!(笑)

こんなHPを発見しました。
他力本願の夢子のおすすめです。(笑)詳しい情報が掲載されています!
http://www.kamimoude.org/jinjya/kyoto-city/sakyou/sa-ootoyo/index.html
http://leepi.milkcafe.to/tabi/tabi-ootoyojinjya.htm


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.4
《メイキングオブ キッチン・ダイニング家具》

「一回の試作で7~8割の完成度」 サンプル完成

 福地:
  つくりはじめてから一週間で試作品が完成しました。
  五十嵐さんはメーカーと組んで家具をつくるのに慣れているというか、
  もののつくり方をよく知っていらっしゃるので問題がありませんでした。
  家具でここまでキッチリ図面を描かれる方はあまりいないですね。

 イガラシ:
  模型をつくって、図面を描いて……
  寸法はもちろん、素材もすべて指定しました。
  木の塗装はイメージを伝えるのが難しく、
  色見本を渡してもあまり意味がないので、
  木に着色したイメージサンプルをお渡ししましたが、
  ほぼイメージに近い塗料を一発でつくっていただけて
  さすがだな、と思いました。
  一回目の試作の段階で、棚やテーブルは7~8割完成しました。

  家具試作
   詳細な指定を記した図面   模型   第1回目の試作品を確認する
page top
鏡開き

正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事。
武家社会の風習だったものが一般化した。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手や木鎚で割ったり、砕いたりする。また、「切る」という言葉をさけて、「開く」という縁起の良い言葉を使っている。
地方によって日が違い、京都では4日に、ほかに20日に行う地方もある。
(今日は何の日より)


今日は11月1日。111と3つも1が揃います。(笑)
これは、きっとめでたき日に違いないと思ったら鏡開きの日なんですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/鏡開き

あんこ好きの夢子は迷わず御善哉(お汁粉)にしちゃいます。
あずきのあま~い感じとお餅の歯ごたえとハフハフの温かさ。いいですね~。

日本古来の風習や行事は廃れて行く傾向にあるのでしょうが、
家族でおいしいお汁粉を食べると、幸せな気持ちになり、
笑顔で話もはずみ、痛ましい事件がひとつでも減るのではないでしょうか?
家族は、やはり仲良しが一番ですね。
仲良し家族に恵まれた夢子は、幸せ者です。
もっと、もっと円満になる為に(ホントは食べたいだけカモ)
甘い、あま~い、御善哉ヨロシク! 夢子ママ!(大爆笑)

善哉
http://www.nagatanien.co.jp/webplus/200601index.html

*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.3
《メイキングオブ キッチン・ダイニング家具》

イガラシデザインスタジオ+福地

□デザインの課題
 ディレクター酒井(以下、D酒井):
  モノがしまえるテーブルとか、キッチン家電がスッキリ見える棚とか、
  ユーザーが少しの努力でモノが整理できる家具をお願いしました。
  いまある食器棚は
  暗いキッチンのアイコンみたいになってしまっているので、
  明るい軽やかさを出してほしいと思いました。

□デザイナーと企業の顔合わせ
 福地:
  五十嵐さんに工場に来ていただいて、
  使用材料やつくり方を一通り説明しました。
 イガラシ:
  物のつくり方や機械はオーソドックスなんですけれど、
  工場がとてもゆったりしていて、クリーンな印象を受けました。
  しっかりした経営理念が感じられましたし、
  この印象はデザインにも影響しています。

□明快なデザインがコンセプト
 イガラシ:
  テーブルは天板の下にオープンの棚を付けました。
  棚の扉も最初はスライドしてビルトインすることも考えましたが、
  酒井さんと相談して、誰でもすぐに使えるわかりやすさを大事にしよう、
  と両開き形式にしました。

《「おいしいキッチン」先行情報》
今年も、続々と全国各地で展示会を開催致します。
まず、最初はオフィシャルホームページにも発表されておりますが
地元である福井県あわら市の「金津創作の森」にて。
1月19日(土)~2月11日(月)の約3週間展示販売会が行われます。
お近くの方、お出掛け予定の方、ちょっと足を向けてみて下さいね。
http://www.sosaku.jp/index.html

発表はまだですが(毎度の先走り 笑)、近々LIBROさんへも行きますよ~。(笑)
大分わさだ店様、調布店様のお近くにお住まいの方お楽しみに!
1月20日過ぎカナ?
page top
明太子の日

福岡の食品会社・ふくやが制定。
1949(昭和24)年、前の年のふくやの創業以来研究を重ねてきた「明太子」を初めて店頭に並べ、福岡名産「からし明太子」が誕生した。
明太子は助宗鱈(介党鱈)の卵(鱈子)の塩辛で、元々は朝鮮半島に伝わる家庭の惣菜だった。これを日本人の口に合うように味附けして、からし明太子が作り上げられた。(今日は何の日より)


なんと今日は夢子のだ~い好きな「明太子の日」なのです。
なぜ、今日1月10日なの?
産みの親である「ふくやさん」のHPへ遊びに行ってみると、
素敵な理由があったんですね~! 興味のある方はどうぞご覧になって!(笑)
http://www.fukuya.com/fff/campaign/cam_000000001688.html

以前にも書きましたが、夢子はりっぱな高コレステロール値であるという理由で、
大好きなのに、本当は控えねばならない身なのですが…。(涙)
一年に一回、まっ、いいか!
今日は記念日だからいっぱい食べちゃいましょう。(爆笑) 
ああっ、夕食が待ち遠しい!

明太子

http://www.fukuya.com/(ふくやさんのHP)


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.2
《MEISTER COMPANY:マイスターカンパニー》

福地(ふくち)
http://www.fukuchi.biz/

 福井市中心部から約5km離れた丘陵地の工業団地に立つ家具製作会社。
 創業は明治42年と古く、現在の工場は3代目。
 同社は元々、総桐のたんすを専門に制作していた。
 しかし時代の流れにより桐たんすの需要は下降、
 そこで現社長の福地永芳氏の就任と前後して十数年前より開始したのが、
 幼児用家具の生産だ。
 桐を家具の芯材として活用し、頑丈で安全、
 そして子供でも運べる軽い家具を誕生させ、主力商品へと成長させた。
 高級材である桐を芯材に使うのはかなり珍しいが、
 これが可能なのは中国からの桐の製材~輸入に至る独自ルートをもつためだ。
 成長が早く安価な中国産の桐は、木目が粗いため表面材には不向きだが、
 芯材としては十分な性能を発揮する。
 また同社の家具は、多くの部材がリサイクル可能。
 木材のみを使用した家具制作にこだわり、接着剤や塗料にも有害物質を含まない。
 また“多品種・短納期・高品質”がモットーで、
 デザイン家具にも充分対応できる柔軟な生産体制が整っている。

福地
代表取締役の福地さん

机や椅子、遊具など製品のラインナップはさまざま。
工程別に担当者がひとつひとつ丹念に組み上げていく。


《「おいしいキッチン」情報》
本家ブログはもうチェックしていただきましたか?
http://okitchen.blog48.fc2.com/
2007年の人気アイテムランキングが発表されてますよ!
輝く第1位は「キープフードネット」
http://www.o-kitchen.com/store_02/products02.html
昨年3月4日、5日に続けて読売新聞&日経新聞に掲載していただき
爆発的ヒットになりました。(嬉)今まで経験したことのない数の電話の応対に
ワクワクドキドキしたのを鮮明に思い出します。(笑)
残念なお知らせもひとつ。
好評につき原材料の確保が困難となっておりました「自立まな板(ヒバ)」。
とうとう、在庫終了です。
「小」のみかろうじて今ならまだございますので、ご計画の方はお早目に!
http://www.o-kitchen.com/store_03_04/fh0001_s.html
夢子は「桐」の方を愛用しておりますが、
速乾性に優れ、自立する姿にはホレボレします。(毎度の手前味噌 爆笑)
page top
クセ毛
「クセ毛は坊主頭にすれば直る」は、ウソですか(エキサイトニュースより)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091199628788.html

「クセ毛って、1度剃って坊主頭にすると、直るんだってよ」
そんなことを言われた経験のある「クセ毛」さん、けっこういませんか。

非常に興味深い記事ですねぇ。
夢子もそういう話聞いた事あります。(笑)

くせっ毛で悩んでいらっしゃる方は結構多いように感じます。
夢子的にはそれはそれで個性的で良いと思うのですが…、
ストレートで漆黒のロングヘアーはやっぱり素敵です。
風にたなびく様子なんか、同じ女性でもドキッとしちゃいます。(笑)

ストレートパーマが流行したのは、そんな悩み多き女性が多いからでしょう。
男性の方も多いのでしょうか?
(大泉洋さんのヘアスタイル結構好きなのですが……爆笑)

髪の毛って、長~いお友達!(こんなCMありましたね。笑)
色も形も癖も千差万別、本人の個性の現れだと思います。
DNAと闘いつつ、いろんな個性を表現していこうじゃありませんか!(笑)
因みに夢子は「カラスの濡れ羽色」のおかっぱ頭に憧れております。
だって、かわいくないですか?(爆笑)

おかっぱ


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.1 《DESIGNER:デザイナー》

イガラシデザインスタジオ  代表:五十嵐久枝
http://www.igarashidesign.jp/

 五十嵐久枝は、桑沢デザイン研究所卒業後、1986年から1991年まで
 故・倉俣史朗氏のクラマタデザイン事務所に勤務し、
 1993年にイガラシデザインスタジオを設立。
 空間デザインの分野では「TSUMORI CHISATO」ブティックの
 各店舗、飲食店から集合住宅、個人宅に至るまで幅広く活躍中だ。
 家具デザインの実績も豊富で、国内の木材産地において、
 その土地の「木」の特性を活かした家具製作プロジェクトを数多く手掛けている。
 特徴は、心地のよい空間を自然に演出する、
 軽やかで押しつけの無いデザインだ。
 そして「abode」など若い世代に人気のショップで販売される家具から、
 飛騨産業での「バケット」シリーズのような落ち着いた雰囲気の家具まで、
 あらゆる世代に対応。
 生活者の視点に立ったアプローチと、
 プロジェクトの本質を的確につかむ柔軟性にも定評がある。
 素材や生産技術、収納に関するコンセプトという諸条件を統合し、
 いともさりげなくデザインに落とし込んでしまうはずだ。

イガラシDS

Bourgmarche/2005
ワコールブランドのインナーウェアショップのインテリアデザインを担当。
賑わいのある、パリの市場をイメージした店内では、
メインストリートと小空間を散策しながらショッピングを楽しめる。
また、空の写真を使った照明器具もデザインしている。
c Nacasa & Partners

TANGO (チェスト)/1997
引き出しの表面に美しい曲面をもちいたチェスト。
このふくらみが、開け閉めの際の手がかりとなっている。
また金属の取っ手を使わないことで、コスト削減へとつながっている。
静岡家具工業組合とのプロジェクトで生まれた製品で、シリーズ化されている。
c スタジオハラダ
page top
平成スタートの日

1989(昭和64)年1月7日の朝の昭和天皇の崩御を受けて、7日午後の臨時閣議で次の元号を「平成」と決定し、翌8日から新しい元号がスタートした。
「平成」は最初の年号「大化」以来247番目の元号で、初めて政令により新元号が定められた。(今日は何の日より)

昨日、夢子ママ特製の七種もどき粥(笑)を食しながらテレビを見ていると、
「平成になって今日は丁度20年」って。
ボンヤリと「ああ、お正月特番ねぇ~。」って、オイオイ、違う違う!(笑)
当時の、小渕官房長官が「平成」の元号を発表した記念日だったのですね。

事件、事故、流行語、世相、ヒットドラマ等々、感慨深いものがありました。
この20年の間に起こったいろいろな事を時系列で覚えていない自分にビックリ!
記憶とはあいまいなモノです。(笑)夢子だけか!(爆笑)

9.11同時多発テロ、阪神淡路大震災、スマトラ沖地震、
多くの方の尊い命が犠牲になったこれらもこの20年の間の出来事なんですね。

そうそう、「カンチ!」で有名な「東京ラブストーリー」もありました。
「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「振り返れば奴がいる」
さすが、夢子です。ドラマは良く覚えておりますね~。(爆笑)
やはり順番はバラバラですが…。(汗)

20年って早いようで、多くの積み重ねなんですね。
平成元年に産まれた赤ちゃんも、成人を迎えるのですものね。
(かわいい姪っ子のミーニャも今年は成人式!おめでとう!笑)

節目で過去を振り返ってみることは、良いことかもしれませんね。
未来への希望に繋がるような気がします。
さて、この先20年世の中はどのように変化するのでしょうか?
平成40年を楽しみに、毎日を大切に日々感謝の気持ちで、
と、心に誓う、今日の夢子です。(笑)


*************************************


logo.jpg


「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 《プロローグ:2》

「見せる部分と隠す部分の割合を変えたり、
 広さに応じてサイズも選べるカスタマイズ性があります。」

〈家電収納・食器収納〉
 扉のあるタイプ、扉の無いオープンのタイプ。家電を収納できるタイプ。
 ニーズに合わせたいろいろなタイプを、
 タテ、ヨコに組み合わせて、カスタマイズが可能です。
 組み合わせ時の、デザインの連続性が美しくなるように、
 何度も検討を重ね、あらゆる寸法を調整しています。

「ダイニングテーブルとそろえたデザインです。」

〈チェア・スツール〉
 座り心地がふっくら柔らか。
 軽やかなスタイルながら、丈夫でしっかりしたイスとスツールです。
 ついつい腰掛けてしまいたくなる心地良さが自慢です。

  棚・椅子
page top
七種粥の日
今日、1月7日は七種粥(ななくさがゆ)の日です。

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。
七種は、前日の夜、俎に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。
「春の七種」とは以下の7種類である。(今日は何の日より)

芹  (せり)
薺  (なずな) ……別名・ぺんぺん草
御形 (ごぎょう)……母子草
繁縷 (はこべら)
仏の座(ほとけのざ)…田平子(シソ科のホトケノザとは別のもの)
菘  (すずな)………蕪
蘿蔔 (すずしろ)……大根

朝粥として、今朝食べるものなのですね。(笑)
夢子の家では、スーパーで販売されている「ちょっとづつセット」を買って、
晩ご飯にしています。(爆笑)
毎年、豪華な御節は食してませんが、七種粥だけは食します。(笑)
フリーズドライもあるのですが、やっぱり縁起物ということで、
生草を、夢子ママに刻んで作ってもらいます。(そろそろ夢子が作らねば…汗)
あっさり塩味でけっこうおいしい!
さて、今晩も食して、今年一年無病息災間違いナシ。夢子ママ、ヨロシク!

こんな詳しい効能の判るページを発見しました!
http://www.gld.mmtr.or.jp/~sumiyosi/dentou(nanakusa).htm

*************************************


logo.jpg

《「おいしいキッチン」お友達の輪》
すっかりおなじみちゅわこさんが、
ブログ「きれいになりたい人のためのおいしいおやつ」で
「おいしいキッチンはじめました」の本を紹介して下さっています。
(2008.1.5 【祝】開設100日/「おいしいキッチン」の本。)
http://plaza.rakuten.co.jp/cherrys7/diary/200801050000/
新しい年明けに嬉しいご紹介! 本当にありがとうございます。
本の中身などもスクロール写真で紹介されていて、感激です。

昨年の食品の相次ぐ偽造問題ぢゃないけど、
企業が利益を追求するあまり‘信用’っとゅー、
一番大切な事を忘れてしまってる感がある昨今ですがぁ、
おいしいキッチンプロジェクトって、そーゅー問題にも、立ち向かっている気がします。

本当に、昨今は「偽装問題」が取沙汰されていますが、
ちゅわこさんのおっしゃるように、企業と消費者といえども、
お互い顔を合わせる事はありませんが人対人。
信頼関係が一番大事だと夢子も思います。
○○産、○○ブランド、○○さんが作った青菜、等信用しちゃいますものね。(笑)
「おいしいキッチン」の本の紹介をしていただいた上に、
プロジェクトの真髄を判り易く表現していただき、ボスの目にも涙です。(感謝)
毎回ちゅわこさんのご紹介文には頭が下がります。
みなさんも、どうかご覧になってくださいな!
「おいしいキッチン」プロジェクトが輝いております。(他力本願な夢子。笑)
http://www.o-kitchen.com/store_etc/products_book.html

「おいしいキッチン物語」も残す所、あと一話。(涙)
最終にして最大(笑)第五弾【キッチン・ダイニング家具編】をスタートします。
実はかなり人気の大物。(笑)
自慢のデザインと、細やかな職人技の、見事な融合の秘密をどうぞ。

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 《プロローグ:1》

「全商品に必ず使われているのが「桐」。軽いです。」

 どの商品にも芯材に使っているのが「桐」です。
 軽くて調湿性もバツグンです。

「常に片付かないのがダイニングテーブルというもの。
 でも積極的に使ってください、第二の天板。」

〈ラウンドテーブル〉
 天板と脚の接合が無骨にならず、
 シャープに納めるためにもう一枚の板がついています。
 これは第二の天板。
 テーブル上の片付かないモノをすぐにしまえる簡易収納として使えます。

家具


 
page top
写真修整
いまどきの写真の「修整」事情(エキサイトニュースより)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091198765538.html

この修正はいちばんかんたんで、あいているほうの目だけコピーして、顔の大きさに合わせて拡大・縮小してはりつける。また、めがねの片側だけ光が反射しているおじさんなどは、光ってないほうのめがねをコピーして反転させ、はりつけたりしますね。

これは、これは夢子の本職の守備範囲ではありませんか。(笑)
とは言っても、写真家でも、都会の大手勤めでもございませんので、
さすがに芸能人の写真修整等は手掛けたことはございません。(爆笑)
せいぜい、撮影した写真をデーター化するぐらいです。
最近では、コージー富田さんの七変化を
楽しくスキャンさせていただきました。(企業秘密なのかな? 笑)

スナップ写真の合成や修整などは日常茶飯事ですが
いやはや、不器用夢子には難しい!(仕事人の風上にもおけぬ不謹慎発言!笑)
閉じた左目に開けてる右目こコピーして反転して貼付けるのですが、(まんま)
人って左右非対称なのですよ~。すっごいちぐはぐになっちゃう!(爆笑)
ロボット人形みたくなっちゃうのですよ。小技が必要ですね~。
毎回、試行錯誤しております。楽しい悩みですが…。(ホント? 爆笑)

しわをとったり、ホクロをとったり、歯を白くしたり…
別人になっちゃう場合もあるので、写真家の方は悩み多きところですね。
学生の集合写真と校舎の合成、青空と政治家のガッツポーズ、教会の新郎新婦、
いたるところに合成写真(修整写真)は使われておりますが、
見破られないようにというよりも、いかに自然に見せるかというのが
プロとしての力量なのでしょうね。
夢子も「カンタン、カンタン、任せて」って言っちゃえるぐらい
綺麗にかつスピーディーに仕上げられるよう、日々精進せねば…です!

比較



*************************************


logo.jpg

《「おいしいキッチン」お友達の輪》
um-marikoさんが、ブログ「産む・生む・UM」で
「おいしいキッチンの食器棚」を記事にして下さいました。
(2007.12.25 食器棚。)
ありがとうございます。
http://umlabo.exblog.jp/7164969

ああーウチもちょっと綺麗にしなくてはと思っていた所、
いい食器棚を見つけました。


お目に留めていただいて、とても嬉しいです。
小物が多いキッチングッズの中に、隠れた大物です。(笑)
スタッフも購入していますが、
中は食器じゃないものを収納している強者もおります。(笑)
「おいしいキッチン」ブロジェクトに以前から関心を持っていただいていたようで
本当にありがとうございます。
まだまだ、増殖中ですので、今年の展開も楽しみにして下さいね。(笑)
http://www.o-kitchen.com/store_06_07/products07.html
page top
おめでとう
明けましておめでとうございます。
L年賀状

本日より出社し、新年初ブログです。(笑)
今年もお付合いの程、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、皆さんは良い年を迎えられたことと思いますが、
エキサイトニュースでとっても嬉しいお知らせが…!
“乙武さんに待望の赤ちゃん誕生”
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080104102929/Nikkan_p-et-tp0-080104-0011.html
とても、とても素敵な事ですね。
多くのハンディを背負ってこの世に誕生しながらも、
どんなに困難な事でも立ち向かって克服していく彼の様子には
本当に頭が下がります。尊敬します。実はファンだったりします。(笑)
“世の中乗り越えられない不幸はない”
“神様は耐えうる強い精神力を持った人にしかハンディを与えない”
などと、聞きますが、人生最高の幸せは必ず訪れるのですね。
待ちに待ったかわいい赤ちゃん。幸多かれとお祈りします。

夢子にとっても今年初の嬉しいニュースになりました。(笑)


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン情報」
オフィシャルホームページのトップ画像が綺麗ですよ。見てくださいな。(笑)
http://www.o-kitchen.com/
本家ブログの方もどうぞよろしく!
http://okitchen.blog48.fc2.com/

O年賀状


「おいしいキッチン物語」
【キッチン・ダイニング家具】
来週月曜日7日よりスタートします。
テレビ番組の宣伝のようで、笑えますね!(爆笑)
© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。