日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
クセ毛
「クセ毛は坊主頭にすれば直る」は、ウソですか(エキサイトニュースより)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091199628788.html

「クセ毛って、1度剃って坊主頭にすると、直るんだってよ」
そんなことを言われた経験のある「クセ毛」さん、けっこういませんか。

非常に興味深い記事ですねぇ。
夢子もそういう話聞いた事あります。(笑)

くせっ毛で悩んでいらっしゃる方は結構多いように感じます。
夢子的にはそれはそれで個性的で良いと思うのですが…、
ストレートで漆黒のロングヘアーはやっぱり素敵です。
風にたなびく様子なんか、同じ女性でもドキッとしちゃいます。(笑)

ストレートパーマが流行したのは、そんな悩み多き女性が多いからでしょう。
男性の方も多いのでしょうか?
(大泉洋さんのヘアスタイル結構好きなのですが……爆笑)

髪の毛って、長~いお友達!(こんなCMありましたね。笑)
色も形も癖も千差万別、本人の個性の現れだと思います。
DNAと闘いつつ、いろんな個性を表現していこうじゃありませんか!(笑)
因みに夢子は「カラスの濡れ羽色」のおかっぱ頭に憧れております。
だって、かわいくないですか?(爆笑)

おかっぱ


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.1 《DESIGNER:デザイナー》

イガラシデザインスタジオ  代表:五十嵐久枝
http://www.igarashidesign.jp/

 五十嵐久枝は、桑沢デザイン研究所卒業後、1986年から1991年まで
 故・倉俣史朗氏のクラマタデザイン事務所に勤務し、
 1993年にイガラシデザインスタジオを設立。
 空間デザインの分野では「TSUMORI CHISATO」ブティックの
 各店舗、飲食店から集合住宅、個人宅に至るまで幅広く活躍中だ。
 家具デザインの実績も豊富で、国内の木材産地において、
 その土地の「木」の特性を活かした家具製作プロジェクトを数多く手掛けている。
 特徴は、心地のよい空間を自然に演出する、
 軽やかで押しつけの無いデザインだ。
 そして「abode」など若い世代に人気のショップで販売される家具から、
 飛騨産業での「バケット」シリーズのような落ち着いた雰囲気の家具まで、
 あらゆる世代に対応。
 生活者の視点に立ったアプローチと、
 プロジェクトの本質を的確につかむ柔軟性にも定評がある。
 素材や生産技術、収納に関するコンセプトという諸条件を統合し、
 いともさりげなくデザインに落とし込んでしまうはずだ。

イガラシDS

Bourgmarche/2005
ワコールブランドのインナーウェアショップのインテリアデザインを担当。
賑わいのある、パリの市場をイメージした店内では、
メインストリートと小空間を散策しながらショッピングを楽しめる。
また、空の写真を使った照明器具もデザインしている。
c Nacasa & Partners

TANGO (チェスト)/1997
引き出しの表面に美しい曲面をもちいたチェスト。
このふくらみが、開け閉めの際の手がかりとなっている。
また金属の取っ手を使わないことで、コスト削減へとつながっている。
静岡家具工業組合とのプロジェクトで生まれた製品で、シリーズ化されている。
c スタジオハラダ

コメント

管理人にのみ表示

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/01/16/Wed 21:25 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。