日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
明太子の日

福岡の食品会社・ふくやが制定。
1949(昭和24)年、前の年のふくやの創業以来研究を重ねてきた「明太子」を初めて店頭に並べ、福岡名産「からし明太子」が誕生した。
明太子は助宗鱈(介党鱈)の卵(鱈子)の塩辛で、元々は朝鮮半島に伝わる家庭の惣菜だった。これを日本人の口に合うように味附けして、からし明太子が作り上げられた。(今日は何の日より)


なんと今日は夢子のだ~い好きな「明太子の日」なのです。
なぜ、今日1月10日なの?
産みの親である「ふくやさん」のHPへ遊びに行ってみると、
素敵な理由があったんですね~! 興味のある方はどうぞご覧になって!(笑)
http://www.fukuya.com/fff/campaign/cam_000000001688.html

以前にも書きましたが、夢子はりっぱな高コレステロール値であるという理由で、
大好きなのに、本当は控えねばならない身なのですが…。(涙)
一年に一回、まっ、いいか!
今日は記念日だからいっぱい食べちゃいましょう。(爆笑) 
ああっ、夕食が待ち遠しい!

明太子

http://www.fukuya.com/(ふくやさんのHP)


*************************************


logo.jpg

「おいしいキッチン物語」

【キッチン・ダイニング家具編】 vol.2
《MEISTER COMPANY:マイスターカンパニー》

福地(ふくち)
http://www.fukuchi.biz/

 福井市中心部から約5km離れた丘陵地の工業団地に立つ家具製作会社。
 創業は明治42年と古く、現在の工場は3代目。
 同社は元々、総桐のたんすを専門に制作していた。
 しかし時代の流れにより桐たんすの需要は下降、
 そこで現社長の福地永芳氏の就任と前後して十数年前より開始したのが、
 幼児用家具の生産だ。
 桐を家具の芯材として活用し、頑丈で安全、
 そして子供でも運べる軽い家具を誕生させ、主力商品へと成長させた。
 高級材である桐を芯材に使うのはかなり珍しいが、
 これが可能なのは中国からの桐の製材~輸入に至る独自ルートをもつためだ。
 成長が早く安価な中国産の桐は、木目が粗いため表面材には不向きだが、
 芯材としては十分な性能を発揮する。
 また同社の家具は、多くの部材がリサイクル可能。
 木材のみを使用した家具制作にこだわり、接着剤や塗料にも有害物質を含まない。
 また“多品種・短納期・高品質”がモットーで、
 デザイン家具にも充分対応できる柔軟な生産体制が整っている。

福地
代表取締役の福地さん

机や椅子、遊具など製品のラインナップはさまざま。
工程別に担当者がひとつひとつ丹念に組み上げていく。


《「おいしいキッチン」情報》
本家ブログはもうチェックしていただきましたか?
http://okitchen.blog48.fc2.com/
2007年の人気アイテムランキングが発表されてますよ!
輝く第1位は「キープフードネット」
http://www.o-kitchen.com/store_02/products02.html
昨年3月4日、5日に続けて読売新聞&日経新聞に掲載していただき
爆発的ヒットになりました。(嬉)今まで経験したことのない数の電話の応対に
ワクワクドキドキしたのを鮮明に思い出します。(笑)
残念なお知らせもひとつ。
好評につき原材料の確保が困難となっておりました「自立まな板(ヒバ)」。
とうとう、在庫終了です。
「小」のみかろうじて今ならまだございますので、ご計画の方はお早目に!
http://www.o-kitchen.com/store_03_04/fh0001_s.html
夢子は「桐」の方を愛用しておりますが、
速乾性に優れ、自立する姿にはホレボレします。(毎度の手前味噌 爆笑)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。