日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
優男(やさおとこ)
「優男(やさおとこ)」ってどんなの? (エキサイトニュースより)

まわりの女子たちにも「優男」のイメージと、この人こそ優男だと思う芸能人をあげてもらった。それぞれが思うイメージによって、当てはまる芸能人をあげてもらったので、「イメージ」→あてはまる芸能人、という形で一部をあげてみよう。

おおっ、いろんな芸能人の名前が挙がってますねぇ。(笑)
好みなんかも絡んじゃうから、
夢子的には「ちがーう!」と叫びたくなっちゃう方もいます。(爆笑)
と、いうか、ほとんど挙げられている方は好きなタイブです!(大爆笑)

広辞苑で「優男」を調べてみた。
すると「(1)風流を解する男、みやび男 (2)柔弱な男 (3)風姿の優美な男、やせがたの男」とある。
エキサイトの辞書でも「(1)気だて・心根のやさしい男。やさしい性格の男。(2)優美な男。(3)柔弱な男」とのこと。
また、国語辞典(講談社)では「(1)顔かたちのやさしい男 (2)気だてのやさしい、穏やかな男」と良いイメージだけだった。

ちなみに広辞苑には「優女(やさおんな)」もあり、「しとやかで美しい女」とあった。

優女とは……、まさしく夢子の目標とする女性像です!(笑)

男性であっても、女性であっても、
「優しい」というイメージは決してマイナスではないと思います。
賛否両論、加減もあると思いますが、
人は「優しさ」があれば安らげるのではないでしょうか?
「優男(やさおとこ)」万歳! 「優女(やさおんな)」万歳!
(って、完璧夢子の趣味の世界カモ? 爆笑)

さくら



*************************************


logo.jpg


《「おいしいキッチン」デザイナー&マイスターカンパニー》

“ふつう”の素敵さ、シンプルって美しい、という
文字通りのキッチン小物『和紙のキッチン小物』を御紹介します。
女性ならではの発想で、ちょっとあったら便利という箱や袋。
その素材もシンプルに“越前和紙”。
福井の名産である越前和紙は素朴な風合いと強い強度を誇ります。

和紙小物1


【和紙のキッチン小物編】 vol.1 《DESIGNER:デザイナー》

料理&雑貨スタイリスト 伊藤まさこ(いとうまさこ)

雑貨&料理スタイリスト。1970年横浜生まれ。
文化服装学院デザイン専攻科を卒業後、“おいしいもの好き”を生かし、
料理スタイリングの道に進む。
『LEE』『Kunel』などの女性誌や料理本などのスタイリングを中心に活躍。
主な著書に『わたしの布のほん』(集英社)、
『伊藤まさこのポッケのなかから』(講談社)、
『こはるのふく』(文化出版局)、
『まいにちつかう もの』(主婦と生活社)、
料理家渡邊有子さんとの共著『おいしくてかわいい』(主婦と生活社)など。
料理はもちろん、お菓子づくりや裁縫などの手づくりを楽しみ、
手間を惜しまない丁寧な暮らしぶりで憧れと共感を呼ぶ。
おいしいキッチンでは、
キッチンの中ではあまり使われていない和紙を使ったプロダクトをデザイン。
アイデア次第でさまざまな使い方ができる
やさしい風合いの小物を提案している。

《「おいしいキッチン」情報》

「おいしいキッチン2008春“宴”」は22日をもちまして
盛況のうちに、幕を閉じました。
足を運んで下さった皆様、関係者の皆様どうもありがとうございました。
また、興味を持って記事を見て下さった方もありがとうございます。
手前みそですが、スタッフの皆さんも大変お疲れさまでした。(笑)
いろいろなお土産話をゲット次第、またご報告させて頂きます!
ますます新商品から目が離せない夢子です。
一刻も早く多くの方に見ていただきたいです。(笑)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。