日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゴキブリ
こんな話題も如何とは思いましたが、夢子的にはヒットしましたので…(笑)
苦手な方はゴメンナサイ!

嬉し恐ろし「ゴキブリレストラン」(エキサイトニュースより)

そろそろ黒いアイツが動き回る季節。ドラッグストアで、インパクト大の商品を見つけた。
その名も「ゴキブリレストラン」。
六角形の箱は緑、茶、オレンジ色に彩られ、それぞれ「野菜コーナー」「肉コーナー」「デザートコーナー」の3つに分かれている。

まず、タイトルにカタカナそのものずばりはいかがなものかしら?
と思い、漢字を調べてみたのですが、web表記が無理とわかり、
あっさり断念。(ちなみに興味のあるお方に…1字目は蜚、2字目は虫へんに廉と書く字です。)
名前の由来は、

御器(食器)をかぶる(かじる)」ことから「御器被り・御器噛り」と呼ばれるようになり、明治時代までは「ごきかぶり」だったが、文献の誤植によって「か」の字が抜け落ちたまま広まってしまったのが「ゴキブリ」という名称の直接の由来とされる。(Wikipediaより)

意外だったのが、野生のネコちゃんが天敵だそうです。(笑)
 幼いときからキャットフードのみで屋内生活をしてきたネコちゃんの場合は、逆にゴキブリを恐れ
 そのエリアに近づかなくなってしまうこともあるらしいです。


3億年も前に誕生して古生代から絶滅せずに生き残ってきた「生きている化石」
そんな生命力・繁殖力に優れている個体にも関わらず、
野生のネコちゃんには勝てないとは…なんだか面白いですね。(爆笑)

さてさて、本題の「レストラン」ですが、
シンプル&インパクトのある商品名だと思いませんか!笑っちゃいました!
アース製薬さんが研究開発されたようですが、
肉味・野菜味・デザート味の3つの味の毒餌を組み合わせた殺虫剤で、
キッチンなどに置いておくだけで良いようです。
学習能力が備わっているらしく、だんだん毒餌に気付いて
避けるようになるという習性を見事に逆手に取った「レストラン」方式。
人間ってやっぱりすごいですね!
「生きている化石」も「人間の英知」には勝てないでしょう!(爆笑)

野生ネコ
「化石」の姿はさすがに……退治してくれる凛々しいネコちゃんを!(笑)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。