日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お手軽なお茶漬け
忙しい師走に、お手軽なお茶漬けを(エキサイトコネタより)

作り方は非常に簡単。あられをお茶椀の8分目まで入れ、そこに塩を少々。さらにその上から熱々のお湯かお茶をかけるだけ。最後に茶碗にふたをして、1分ほど蒸らせば完成だ。

三重県の地元定番の料理のひとつ“あられ茶漬け”なるものだそうですが
目からウロコですね!
薄い和風お出しをかけて食す“高級茶漬け”や
ささっと食せる夢子定番“永谷園のお茶漬けのり”(笑)
はたまた、おしんこでいただく、さっぱりとおいしく懐かしい我が家の味。
いろいろなお茶漬けがありますが“あられ”のみのお茶漬けとは!

あられをお湯につけるとドロドロになるか、それとも油が浮いてくるのでは? と思っていたが、そんな心配はご無用。湯を吸ったあられはふんわり柔らかくなり、食べるとモチっとした食感。さすがは元、お餅といったところか。お湯と出会って前身を思い出したかのようだ。
お湯に浸かりきった部分はモチモチ。さらに浸かりが甘い部分はサクサクのままと、一度に二つの食感も楽しめる。
そしてなぜか、味が染み出したお湯&お茶部分がしみじみと美味しい。香ばしさと風味が湯の中に溶け込んで、最後まで美味しくいただけるのだ。

これは是非、三重県人でなくとも、試してみなければなりませんね~!(笑)
“あられ”大好きな夢子はきっとお気に入り間違い無しでしょう!
早速サラダ味買って帰ろうっと。(本日まだ午前中!仕事しなくちゃ。笑)

 あられ茶漬け
菓匠たばね庵さんのHPにも詳しく出ていますよ!




*************************************


logo.jpg

《「おいしいキッチン」 夢子の勝手に不思議》

特別限定歳末ギフトセットの受付が始ってますが、
夢子だけでしょうか?
素敵な日本伝統の和ろうそくがデザイナーとのコラボで出来たこのろうそく達。
それぞれ、おしゃれな名前が付いていますが、どういう意味?
語学に堪能な方はもちろん御存知でしょうが、夢子にはちんぷんかんぷん。(笑)
「おいしいキッチン」スタッフに聞けば即、判明なのでしょうが、
忙しそうな方々に「ちょっと、ちょっと…」って、ちと申し訳ない気がして、
ここはちょっと自分で調べてみましょ!(笑)

「ボンソワール」みたいだわ!(笑)
って、フランス語かも!
あぁ、翻訳機能ってすごい!
出ました!(爆笑)

  デボーデ………………あふれ出られます。(ちと怪しい日本語!笑)
  サンブジョワール……燭台なしで。(なるほど、ウンウン。)
  プレ!…………………皮!(銀紙のこと? 確かに剥がすのだけれど……笑)
  ブジョワール…………燭台。(そのものズバリ!)

なかなか楽しい時を過ごせました!
ネーミングにもいろんな思いが込められているのですね。
およそ、90分間のやすらぎの灯火。
皆様の幸せな時のお手伝いができますよう、お祈りします。

ろうそくプレ
そっと剥がした銀紙を、ろうそくの下にくしゅくしゅと集めて
自分だけの燭台をつくり上げて下さい。
パッケージが燭台の役目を果たし燃えのこった芯も手を汚さずに捨てることが出来ます。
人が手を加えることで完成する、新しいタイプのろうそくです。


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。