日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
メンズバレンタインデー

日本ボディファッション協会が1991(平成3)年に制定。
男性から女性に下着を送って愛を告白する日。(今日は何の日より)

ホワイトデーは知ってましたが、何ともユニークな記念日ですね。
キャンディーではなく下着をプレゼントされて告白されても
女性の皆さん、今日は怒らないで。(爆笑)
ナカナカ、イキな男性ということでプラス5点お願いしま~す。
今日は素敵なカップルがた~くさん誕生しますように。(祈)


*************************************

logo.jpg

「おいしいキッチン物語」【包丁編】vol.5《メイキングオブ包丁》

「最もこだわった柄のカタチ」
2005.6~7

ヒロタ:
  一番気になったのは「柄」です。
  今回は和の要素を取り入れて、直線の美しさを追求しています。
  柄の上面も下面も直線。
  ただし、ホールド性をよくするために末広がりにしています。
  思った以上に手になじむのがお気に入りです。素材は優しさを表現するために、
  一般的な黒色は避けて、ナチュラルな感じのモノを探していただきました。
  和と洋の中間くらいの雰囲気をねらいました。
  柄は鋲で留めることになったのですが、鋲を使うとしたら小さく、
  その代わり多くを望んで5つ留めにデザインしてました。
  でも製造上の合理性から3つになりました。
高村:
  柄と刃の接合にはいろいろな方法がありますが、
  今回は価格を抑えることもあってスタンダードな鋲留めです。
  ヒロタさんの鋲の指定は一般的な径より小さく、今回は型起こしから始めた
  オリジナルの鋲を使いました。留め方で苦労したのは、鋲を留める両面が
  平行ではなく末広がりになっていることです。
  鋲の両面をこのテーパー分削りだしています。
  そして、柄自体の素材はミズメザクラなどの天然材を何重にも重ね樹脂を
  含有させて圧縮した素材を使用しています。防腐性がかなり高いものです。
D酒井:
  実はコストを抑えるのに苦労しました。
  柄の形状や鋲の種類など、いままでのラインに無いことをやろうとすると
  当然コストがアップしてきますが、
  その度に解決策を柔軟に提案しつづけてくれた廣田さんには、
  頭の下がる思いです。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。