日々の業務の些細な事、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
食卓用ろうそく
ウーマンエキサイトで我が「おいしいキッチン」新作
「食卓用のろうそく」が取り上げられてます。
http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_990/

みなさんご覧いただけましたか? ステキでしょ?
写真も大きく掲載していただきとても嬉しいです。
新作として11月の展示会に発表され、
オフィシャルホームページの方でも12月の取り扱い予定になっています。
楽しみにしていて下さいね!

「夕食にどれくらいの時間をかけていますか?」
というアンケートを取るところから、このプロジェクトは始まりました。
皆、仕事や育児やいろんなものに追われ、忙しい人ばかり。
結果は、15分や、かけても30分。
予想していたこととはいえ、少々寂しい気持になりました。
「せめて週末だけでも、ゆっくりと食事をして欲しい……」
という思いから、このろうそくは生まれたのです。
火をつけたら、燃え尽きるまで! と考えた結果、
1本のろうそくに時間という意味を持たせることが出来ました。
ろうそくの火が消えたあとには、緩やかに過ぎた時間が残ります。

ろうそく
「アンティキテ」参考商品
稀少価値の高い純木蝋を使い、ひとつひとつ手間をかけてつくることで
重み、深みのある質感に仕上がりました。
手紙の封蝋と同じように、
最後に赤いマークが取り付けられて完成します。



*************************************

logo.jpg

「おいしいキッチン物語」
【ステンレス小物編】vol.6 《メイキングオブステンレス小物》

「鍋敷きとスナックボウル」  
 2005.3

 フラスコ:
  バネの美しさを表現し、
  またスプリング特有の面白さを活かしパッケージしたとき平面になり、
  使用するときに立体になるモノを考えていました。
  それが鍋敷きとスナックボウルです。
  鍋敷きは、鍋を上に乗せると、
  その重さで平面になるというアソビを考えたのですが、
  熱伝導率が高くてテーブルが焼けてしまいますよね。なので却下。
  一方、スナックボウルの主な課題は安定性の実現。
  線材の太さ、巻き数など相当試作をつくっていただきました。
  そしてディテールも見て欲しいんです。
  底面の線材の端は切り落としですが、きれいに丸めています。
  上端はクルッと小さく1巻きして終わっていて、掛かりとして機能します。

フルーツボウル
「端」を丸めて留めることで安定性を増したフルーツボウル
底面の「巻き」の回数も検討が重ねられた
販売時は、このように平面にしてパッケージング

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Link Stuff Diary. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。